※本システムは【Firefox】【Google Chrome】【Internet Explorer】【Microsoft Edge】【Safari】で動作確認を行っております。
それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
注:Mac版Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
上記に満たないバージョンやWindows版では使用できません。
※最新バージョンの使用を前提としております。
※古いバージョンをご使用の場合は、上記の中からバージョンアップしても良いものをご使用ください。

※演題の応募の筆頭演者は日本抗加齢協会賛助会員(企業)に限ります。
※発表形式 (一般口演は、ポスターとなります。)

演題種別 (必須)
1. 筆頭演者の氏名(日本語表記)(必須)
例(抗加齢)
例(太郎)
 筆頭演者の氏名(ふりがな) (必須)
例(こうかれい)
例(たろう)
 筆頭演者の氏名(英語表記) (必須)
例(Koukarei)
例(Taro)
 筆頭演者の所属機関名(日本語表記) (必須)
所属機関(社名)、部署名を記入してください。
 筆頭演者の所属機関名(英語表記) (必須)
所属機関(社名)、部署名を記入してください。
 筆頭演者の所属機関住所の郵便番号 (必須)
(例) 123-4567
 筆頭演者の所属機関住所
  都道府県 (必須)
  市町村・番地 (必須)
 筆頭演者の所属先の電話番号 (必須)
(例) 03-3815-5411
  上記の内線番号
 筆頭演者の所属先のFAX番号
(例) 03-3815-5411
 筆頭演者の電子メール アドレス (必須)
 筆頭演者の電子メール アドレス (確認用)(必須)
2. 共同演者2
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
3. 共同演者3
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
4. 共同演者4
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
5. 共同演者5
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
6. 共同演者6
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
7. 共同演者7
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
8. 共同演者8
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
9. 共同演者9
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
10. 共同演者10
姓名(日本語表記)
姓名(ふりがな)
姓名(英語表記)
所属機関(日本語表記)
所属機関(英語表記)
 演題は日本語または英語とします。
 演題名・抄録本文の言語 (必須)
 演題名 (必須)
 ※制限文字数は全角60文字、半角120文字になります。この字数を超えると登録できません。
 抄録本文 (必須)
 ※下の枠が抄録本文(タイトル、所属機関名、著者名は除く)を記入する欄です。
 ※制限文字数は全角850文字・半角1700文字、図表がある場合は全角569文字、半角1138文字になります。この字数を超えると登録できません。
 ※抄録本文は、まず最初にご自身のワープロで作成し、コピー機能を使って下段の抄録本文用枠内にペーストすることをお奨めします。
 ※下の枠内に直接図表を書き込むと、抄録集では改行等の関係でずれてしまい図表の体裁をなさなくなります。
 ※先頭行も1ますあけずに左詰めで記入してください。ブラウザによって、下の抄録本文の枠が、極端に横長になってしまいます。
  本文の作成に不便な場合は本文の途中で適宜改行指定を入れても結構です。
  改行指定は、登録の際自動的に削除されますので、そのまま残しておいてください。

また、以下の記号を用いるときは、この欄でコピーして抄録本文内の必要個所にペーストすることで、
より正確な抄録を作成することができます。
また、<SUP></SUP><SUB></SUB><I></I><B></B><U></U><BR>は必ず半角文字を使用してください。
一般演題の抄録の内容は、日本語は、【目的】【方法】【成績】【結論】【考察】、
英語は、[Objective][Method][Result][Discussion][Conclusion] の順に必ず項目を立てて記述してください。
※指定講演の演題(特別講演、シンポジウム、ランチョンセミナー)の場合は、項目立ては必要ありません。

【目的】【方法】【成績】【結論】【考察】<(全角)>(全角)
<SUP></SUP> <SUB></SUB> <I></I> <B>
</B> <U></U> <BR> →←↑↓
%‰Å+-±×÷=≠≒≡≦≧∞∽∝⊆⊇⊂⊃∪∩∧∨
αβγδεζηθικλμνξοπρστυφχψω~℃
ΑΒΓΔΕΖΗΘΙΚΛΜΝΞΟΠΡΣΤΥΦΧΨΩ
上付き文字が必要なときは、文字の前後を<SUP>と</SUP>で囲ってください。
(例)Na<SUP>+</SUP>はNa+となります。
下付き文字が必要なときは、文字の前後を<SUB>と</SUB>で囲ってください。
(例)H<SUB>2</SUB>Oは はH2Oとなります。
イタリック文字が必要なときは、文字の前後を<I>と</I>で囲ってください。
(例)<I>c-fos</I>は c-fosとなります。
太文字が必要なときは、文字の前後を<B>と</B>で囲ってください。
(例)<B> 太文字> </B>は太文字となります。
アンダーラインが必要なときは、文字の前後を<U>と</U>で囲ってください。
(例)<U>アンダーライン</U>はアンダーラインとなります。
抄録本文内で改行を入れたいところには、改行したい文の頭に<BR>を記入してください。
上記の記号との混乱を防ぐため、抄録本文内で<およ>の記号を使うときは
(たとえばp<0.05、CO>2.2が挙げられます)、必ず全角の<および>を使ってください。
 (例)×p<0.05  ○p<0.05

上の枠が抄録本文(タイトル、所属機関名、演者名は除く)を記入する欄です。
また、先頭行も1ますあけずに左詰めで記入してください。
英語ポスター応募用抄録本文【英語】
英文抄録に下記の特殊文字を使用される場合は、タグを入力して下さい。
ギリシャ文字が必要なときは,下のテーブルの記号をご使用下さい。
小文字
入力 &alpha; &beta; &gamma; &delta; &epsilon; &zeta; &eta; &theta; &iota; &kappa; &lambda;
表示 α β γ δ ε ζ η θ ι κ λ
入力 &mu; &nu; &xi; &omicron; &pi; &rho; &sigma; &tau; &upsilon; &phi;
表示 μ ν ξ ο π ρ σ τ υ φ
入力 &chi; &psi; &omega;
表示 χ ψ ω
大文字
入力 &Alpha; &Beta; &Gamma; &Delta; &Epsilon; &Zeta; &Eta; &Theta; &Iota; &Kappa; &Lambda;
表示 Α Β Γ Δ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ
入力 &Mu; &Nu; &Xi; &Omicron; &Pi; &Rho; &Sigma; &Tau; &Upsilon; &Phi;
表示 Μ Ν Ξ Ο Π Ρ Σ Τ Υ Φ
入力 &Chi; &Psi; &Omega;
表示 Χ Ψ Ω
(例)&beta;blocker は βblocker となります。 抄録本文内で半角文字の & , < , > , " の記号を使うときは下のタグをご使用下さい。
入力 &lt; &gt; &amp; &quot; &deg; &plusmn; &times; &divide; &permil; &ordm;
表示 < > & " ° ± × ÷ º
(例)p&lt;0.05 は p<0.05 となります。

 図表の有 無 (必須)

2MまでのJPEGファイルアップロードできます。

 略歴 (指定演題のみ必須)
(例) 西暦(年) 1980年 東京大学医学部卒業
 登録した自分の抄録を参照・更新するためのパスワード (必須)
(半角英数文字6~8文字)
 登録した自分の抄録を参照・更新するためのパスワード (確認用)(必須)
(半角英数文字6~8文字)